忍者ブログ
写真バカなNaoパパが気のみ気のままに綴るブログ 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
  
 

昨日、第56回富士フィルムフォトコンテストの表彰式に小学一年生の娘とともに出席してきました。

米原駅から新幹線「ひかり号」に乗り、2時間少しで東京駅に到着。地下鉄丸ノ内線と日比谷線を乗り継いで、会場となる富士フィルム東京ミッドタウン本社、富士フィルムスクエアに着きました。

1階にある受賞作品展示場にはたくさんの方々が詰めかけておられました。(2枚目)

銀プリントされた自身の作品「双流」。インクジェットによるプリントでは感じ得ることができない滑らかさと発色が強烈に目に飛び込んできました。
インクジェットプリントの「紙にインクを乗せる」方式とは違い、銀塩プリントは「紙自体に発色する薬品(乳剤)が塗布されている」のが特徴で、光によって、乳剤に含まれるハロゲン化銀を反応させ、反応した部分を現像することで画像を得る、長らく愛され親しまれてきた方式で、デジタルが普及する以前は、写真をプリントする、といえば、ほぼこの方法だけが唯一の選択肢でした。銀塩プリントのそもそもの由来が、ネガフィルムの画像をプリントするために作られたもので、富士フィルムが持つ、かつての世界シェアトップの銀塩技術を使って高品質にプリントされた、今回の受賞作品はそれはそれは見ごたえあるものでした。(一枚目)

表彰式会場内の様子(三枚目)

表彰式が無事終了し、同会場で行われた懇親会にて。超豪華な審査員の先生方。先生方のサービスで4名全員が揃った場面です。会場に訪れた多くの方々が押し寄せて記念撮影されていました。
左から、特別テーマ部門 鶴巻育子先生、ネイチャーフォト部門 辰野清先生、自由写真部門 林義勝先生、フォトブック部門 榎並悦子先生(四枚目)

日本で最も愛され、ステイタスの高い、この富士フィルムフォトコンテストで表彰されたこと、自身の人生で唯一自慢できることかもしれません(笑)今後二度とないものだ、と思うことで再びチャレンジ精神に火が付く自分がいました。。。

第56回 富士フイルムフォトコンテスト 作品展示会は全国6都市で順次、開催されます。”写真の力”を感じ取っていただけると幸いです。

作品展示会会場、日程はほちらの富士フィルムフォトコンテストサイトをご覧ください。https://www.fujifilm.co.jp/fpc/56/exhibition/index.html



PR

ネイチャーフォト部門で金賞を頂きました。
画題は「双流」です。
 
応募総数:36110点
ネイチャーフォト部門審査員:辰野 清氏

結果発表ページ
http://www.fujifilm.co.jp/fpc/

3月18日に東京、六本木ミッドタウンにて表彰式があります、娘同伴で行ってきます。表彰式、懇親会の様子を撮影記にまとめたいと思っています(事務局の了承を得てからとなりますが)



皆様、遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

本日、プレジデント社主催の「第23回環境フォトコンテスト2017」の結果発表がプレジデント誌2月号でありました。私のフォト「七色のオーロラを越えて」が大日本印刷賞(テーマ「大気のうた」)部門で佳作となりました。(アップした作品です)

また、第56回富士フィルムフォトコンテスト、ネイチャ-部門で「金賞」決定の通知が本日封書で届きました。2月下旬発売の月刊フォトコン3月号に掲載・発表となります。
第56回富士フィルムフォトコンテストの詳細はこちら

取り急ぎご報告まで。

 

  

こんにちは~
昨日夕方、仕事から帰ってきたら自宅ポストに一通の封書がありました。

第56回富士フィルムフォトコンテストで私の作品がネイチャーフォト部門で銅賞以上の候補に選ばれたようです!キャノンフォトコンテストに続く、国内最大級の超難関のフォトコンテストでの入賞はこれからの大きな励みとなりそうです。

正式にどの賞かが決まり次第、改めて報告させていただきます。

第56回富士フィルムフォトコンテスト詳細

本日アップしたフォトは入賞作品とは何ら関係はございません。

 

本日正式発表がありました。
第50回キャノンフォトコンテストでポートレート部門において私の作品「アクアリウムの妖精」が佳作に選ばれました。
応募総数:26503点
結果発表ページはこちら

また月刊アサヒカメラ写真の殿堂10月選考で「夢兄弟」が3位に選ばれました。
結果発表ページはこちら

   

明日発売のデジタルカメラマガジン11月号、太陽のある風景写真フォトコンテストで私の作品「原始の湖(うみ)を越えて」が優秀賞に選ばれました。

また、組写真部門でも他作品で佳作に選ばれました。。。

あと、子供たちは元気に育ってくれています(笑)


昨日、キャノンフォトコンテスト事務局より、第50回キャノンフォトコンテストにおいて、私の作品の入賞が内定したと通知が届きました!

今年チャレンジしたメジャーなフォトコンで、これまで落としたのはニッコールフォトコンテストのみ。
受賞したコンテストは

・第12回タムロンマクロレンズフォトコンテスト(金賞)
・JAPAN PHOTO 2015秋冬(入選)
・ピクトリコフォトコンテスト2015-2016(三菱製紙賞)
・第三回住友不動産販売フォトコンテスト(ステップ賞)
・環境フォトコンテスト2017(大日本印刷賞)
・第50回キャノンフォトコンテスト(佳作)
 
今年はこの後、富士フィルムフォトコンテスト、第13回タムロンマクロレンズフォトコンテスト、エプソンフォトグランプリと続きますが、この際一層欲張りになって臨みたいと思います(笑)

また朗報をお伝えできたら嬉しいです。

本日アップした作品は受賞作品とはなんら関係はございません。受賞作品は11月下旬に正式発表がありますのでその際にご披露させていただくつもりです。

第3回住友不動産販売フォトコンテスト、ステップ賞「白波越えて、北帰行。」

久しぶりの更新となります。皆様お元気に過ごされていますか~?私のほうは相変わらず、仕事の合間を見て撮影したフォトでフォトコンライフを謳歌しています(笑)

今回も入賞の報告となります。

第3回住友不動産販売フォトコンテストで「白波越えて、北帰行。」がステップ賞に。
第23回環境フォトコンテスト2017で大日本印刷賞(大気のうた)部門、佳作に

選ばれました~!環境フォトコンテストでの入賞作品は正式発表が2017年㋀発売の「プレジデント」誌掲載となりますので、作品名も含め、まだアップできませんが。。。

今年は第12回タムロンマクロレンズフォトコンテスト(ネイチャーの部、金賞)、ピクトリコフォトコンテスト(ネイチャーの部、三菱製紙賞)、JAPAN PHOTO2015秋冬(風景の部、入選)と全国規模のフォトコンテストで立て続けに入賞することができました。自分的には応募したほぼすべてのコンテストでの入賞となります。

今年一年でフォトコン運を使い果たしてしまうのではないか、とちょっと心配している今日この頃です。。。(笑)

本日のアップ作品は、第3回住友不動産販売フォトコンテスト、ステップ賞受賞作品「白波越えて、北帰行。」です。


皆さま、おはようございます!
ピクトリコフォトコンテスト2015-2016の結果発表が昨日ありました。

先日お伝えした通り、私の拙作がネイチャー部門で「三菱製紙賞」をいただくことになりました。

昨年の秋口の夕方、近所を散歩しているとき、車のボンネットの上にいたカマキリを撮ったものです。マクロレンズを近づけると威嚇するようなポーズをとった瞬間です。夕日が作り出すシルエットとボンネットへの映り込みを意識してアングルを決めました。

NikonD7200、Tamron SP AF90mmF2.8Di Macro1:1 VC USD
プリンター:EPSON PX-5V
用紙:ピクトリコプロ セミグロスペーパー 

ピクトリコフォトコンテスト2015-2016審査結果発表ページはこちらです。


本日ピクトリコフォトコンテスト事務局より「ピクトリコフォトコンテスト2015-2016」の入賞内定通知が届きました。

内定の段階なので受賞内容等詳細については記載できませんが「入選」よりも上の賞とでも言っておきましょうか(笑)
5月上旬の正式発表後に、受賞作品を当ブログでご披露させていただきますね。

上の写真と入賞作品とはなんら関係はございません。

遅くなってしまいましたが、皆さま、新年明けましておめでとうございます!
旧年中は大変お世話になり有難うございました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨日発表された、第12回タムロンマクロレンズフォトコンテストで私の拙い作品「月のしずく」がネイチャーの部で「金賞」に選ばれました。
これで、第10回の「入選」、第11回の「銅賞」に続く、3年連続の入賞となりました。

マクロ好きな自分にとって最も力を入れたコンテストであり、このように認められたことがとても嬉しいことですし、今後への励みとなります。
これからも”足元の素敵”を追い続けていきたいと思っています。

選者、写真家 石井 孝親氏の講評

「私も朝日や夕日を玉ボケとして背景に生かして、被写体をシルットにして写すことが多いのですが、この作品はスイレンに止まり休むイトトンボの姿を太陽(?)の玉ボケを生かし情緒豊かに捉えていると思います。また、撮影技術的にも優れていて、シンプルな構図に切り詰めた露出と、特に水面の波紋があることで、今コンテストの他のイトトンボを被写体にした作品よりも群を抜いて輝いており、絵心ある作風に私は惹かれました。」

第12回タムロンマクロレンズフォトコンテスト結果ページはこちら


皆様、遅ればせながら新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨年12月にご報告させていただきました、第11回タムロンマクロレンズフォトコンテストで私の作品がノンジャンルの部で銅賞を受賞した件で、本日タムロンホームページで正式に発表がありましたので改めて受賞作品とともに報告させていただきます。

作品名「イヒヒ!宝石」。
一昨年前の夏、プール遊びをしていた娘を撮ろうとカメラを構えた瞬間、いきなり水をかけられました。レンズフィルターにたくさんの水滴がつきました。そっとフィルターをはずし、その水滴越しに彼女を捉えた一枚です。「してやったり!イヒヒ!」みたいに笑う娘の表情を捉えることができました(笑)

昨年のネイチャー部門、「鎖帷子」の「入選」につづき、2年連続の入賞を果たすことができました。

応募総数4806作品、入賞数29

審査員:川合 麻紀氏

 

今月は自分で言うのもなんですが、全国レベルのフォトコンテストでの受賞ラッシュとなりました。

デジタルカメラマガジン(通称DCM誌)、12月号フォトコンテストプリント部門で「頑張りの記憶」が入選。
またアサヒカメラ写真の殿堂、10月選考において「朝ルージュ」が2位入賞いたしました。

先日ご報告した、第11回タムロンマクロレンズフォトコンテスト銅賞内定、キタムラフォトコンテスト腕自慢(人部門)入選につづく入賞となりました。

入選作品「eyelash」

またまたフォトコン結果報告で恐縮です(苦笑)
本日、カメラのキタムラ主催の「キタムラフォトコンテスト2014春夏」で私の作品、「eyelash」が腕自慢コース、人部門で「入選」したという通知が届きました。

入賞した場合、毎回10日過ぎに通知がくるのですが今年はその時期になんの連絡もなかったのでてっきり駄目なのもとあきらめていた矢先の通知でした。
昨日のタムロンマクロ入賞内定のときと同様、子供のように飛び跳ねて喜びましたよ~(笑)

審査員は織作峰子氏です。

   
   昨年入選した「鎖帷子」

今日の午後、第11回タムロンマクロレンズフォトコンテスト事務局より封書が届きました。「銅賞内定」の通知でした。
プリントでの応募だったので原版データを送付してから賞が確定となるようです。

まだ内定の段階なので入賞作品のアップはできませんが、確定次第でアップさせていただくつもりです。
昨年の「入選」よりもランクアップした入賞通知に子供のように飛び跳ねて喜びを現してしまいました(笑)

まさか2年連続で入賞するとは思っていなかったので喜びも一入です。。。

上の写真は入賞作品とは関係ありません。4枚目は昨年入選した「鎖帷子」です。

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Naoパパ
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
写真、オートバイ、格闘技
自己紹介:
自営業の傍ら、気のみ気の向くまま趣味である写真を愉しんでいます。びわ湖周辺をウロチョロしています。チョロぽんのHNで価格ドットCOMにも顔をだしてます(笑)
最新CM
[03/15 love cartier bracelet copie]
[03/14 Naoパパ]
[03/14 love bangle pink gold imitation]
[03/12 ヒロ]
[03/10 love bracelet men copy]
最新TB
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]