忍者ブログ
写真バカなNaoパパが気のみ気のままに綴るブログ 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

このたび、NikonD800EからD810に買い換えて実際に撮影で感じたこと。

それは常用感度の拡張、特に基準感度がIso100からIso64と、2/3段分低感度側になったことで真夏の晴天下のような明るい場所においてもレンズの絞りをできるだけ開くことができ、よりボケ味を出すことができるようになったこと。そしてノイズがかなり改善されたことです。

本来、感度を下げるとコントラストが大きくハイライトの飛びや暗部の黒つぶれが顕著に現れる(ダイナミックレンジが狭くなる)ところですが、このD810の場合、フォトダイオードへの光の情報蓄積量を従来の2/3段分多く取り込む工夫がなされています。これにより前述した弊害を極力なくすという手段をとっているようです。

D810の絵作りは、どことなくコダクローム的であるように感じているのは私だけではないと思います。しっとりと落ち着いた抜けのよい絵作りは使っていてすぐに気に入りました。

共通データ:NikonD810

1、2枚目:Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2

3枚目:AF-S  VR NIKKOR 24-120mm F4G ED

PR

先週、家族4人で信州、白樺湖へ1泊旅行して来ました。
娘へのサプライズ旅行。どういうことかというと、大人気アニメキャラクター「ハピネスチャージ・プリキュア!」の部屋に泊まることを現地ホテルに着くまで一切内緒にしていたんです。

そしてお部屋にに入るなり、壁一面に張られたプリキュアのパネルと布団や枕までプリキュアが描かれた情景を目に大喜び!(笑)
そしてたくさんのプリキュアグッズをプレゼントしてもらい、本当に嬉しそうでした。

この一枚はそんな彼女の楽しかった思い出を5枚のフォトでレイヤー重ねし、一枚に表現したものです。

   

今年の梅雨はホタルの光の虜となりました。
昨年初めてホタルの撮影をして以来、この季節を首を長くして待っていました。

米原市の天の川のホタルです。
連日、仕事帰りに立ち寄り、同じ場所から撮影しました。

月明かりに邪魔された日、強風のため諦めかけた日、そして大雨の中舞うホタルの姿を追った日と今年は思い出深いものとなりました。
苦労した甲斐があって、美しい光の舞を撮り止めることができました。

ここに、渾身のホタルフォトを数枚アップさせていただきます。

共通データ:NikonD800E

1枚目:強風にあおられながらも懸命に舞うホタルたち。Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2

2枚目:月明かりに邪魔されながらも短い時間で何枚も撮り、比較明合成で華やかさを演出した光。AF-S VR NIKKOR 24-120mm F4G ED

3枚目:ものすごい雨の中懸命に舞うホタルたちを傘を差しながら捉えたもの。車のライトに映し出された雨の光さえホタルに見えました。Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

20枚のフォトを比較明合成 ハートを射抜くような光  2013年、2014年のここでの光を比較明合成しました。  蛍撮影中に見た星空に家族の影をくっつけてみました

今年も蛍の季節がやってきましたね~入梅前になんとか撮れないか、と時期尚早にもかかわらず仕事帰りに立ち寄った、米原市長岡の天野川での蛍フォトをご紹介いたします。

1枚目:まだ数匹しかいない、ちょっと寂しい光でしたが20回の露光をコンポジット(比較明合成)し、華やかさを出してみました。

2枚目:川面から上昇する蛍の光と、その上にあった葉の上の蛍が描いたハート型の光跡とが重なった瞬間です。とてもメルヘンチックな一枚を捉えることが出来ました。

3枚目:昨年と今年にここで捉えた光を比較明合成で表現しました。一枚一枚で見るととても寂しい光ですがコンポジットしてみたら盛大な雰囲気を得ることが出来ました。

4枚目:蛍撮影中に見上げた星空に家族の影を合成でくっつけてみました(笑)

睡蓮の葉の中に取り残されたメダカと娘の祈るようなシルエット 2011年の皆既月食のts重フォトと真夏の夜の向日葵畑のコラボ。さらにチョロさんの寝姿を重ね合わせました  真冬の琵琶湖の波を制覇する娘(笑)

普段はあまりやらない合成写真の作成を楽しみました。
古いソフト、Photoshop Elements 6の合成機能を使って作成しています。
たまにはこういう遊びもいいですね、リフレッシュできます。

ドキンちゃんの巨大ポスターの前で ながらスマホはだめよ!  ASOKO看板の前で  
Hayatoの澄んだ瞳  憧れの背中。

昨日は天気が回復したこともあり、家族4人で神戸ハーバーランド、モザイクガーデンに行きました。娘へのサプライズとしてこの地に新たにオープンしたアンパンマンミュージアムへ。
現地到着するまで「今日はお花を見に行こうね」と彼女にナイショにしていました(笑)
現地に到着するといたるところにアンパンマンキャラクターが描かれており、彼女は察したのでしょう、大喜びしていましたよ。

NokonD800E、Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2、AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED

DCM5月号組写真入選作品「First beauty」 2013年サクラフォトコンテスト佳作作品「こちらこそ、ありがとう」
桜の花びらですりガラスに私の似顔絵を描く娘 生後2ヶ月を過ぎた長男の泣き顔。叱咤するオヤジのように見えました。 琵琶湖湖岸で。桜の花びらに描かれた二つのハート

最近フォトコン入賞報告ばかりになってしまい申し訳ございません(笑)明日発売のデジタルカメラマガジン5月号(DCM5月号)で組写真と2013年サクラフォトコンテストでダブル入賞しました。

組写真は今年の私の誕生日に娘が初めて美容院に行ったときのもの「First beauty」が入選、
2013年サクラフォトコンテストでは「こちらこそ、ありがとう」が佳作に選ばれました。

選者はそれぞれ、
組写真部門 岡田 敦氏
2013年サクラフォトコンテスト 丹地保堯氏
です。

3枚目以降は最近のフォトです。
3枚目:自宅リビングのすりガラスに桜の花びらで娘が私の顔を描いてくれました。
4枚目:生後2ヶ月を過ぎた長男の泣き顔です、真横から撮りました。叱咤しているオヤジのように見えました(笑)
5枚目:今朝琵琶湖の湖岸で見つけた光景です。散った桜の花にらにタイヤの痕。二つのハートに見えました。

 
    

琵琶湖の桜もいよいよ終焉の時期を迎えます。
今年は長男が生まれ、なにかと忙しい春を過ごしました。
仕事の行き帰りに撮りとめた桜の姿をぜひご覧ください。

1枚目は西の湖、水郷めぐりの屋形船と桜。
2~4枚目は夜の彦根城外堀のライトアップされた桜です。
2枚目のフォトは定番中の定番位置からのカットですが、水面に浮かんだ花びらの姿を取り込み、オリジナリティーを演出しました(笑)

共通データ:NikonD800E
1枚目、4枚目:Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2
2枚目、3枚目:AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

窓から光が射した瞬間ニヤリと笑うHayato お姉ちゃんになって初めて弟を抱っこするNao
すやすやと眠っています。 キリリとした横顔(笑) 

2月13日に生まれたわが息子、Hayato。その後元気に育ってくれています。
2時間ごとにおなかがすいて泣く以外、賢くしてくれています(笑)

お姉ちゃんになったNaoもオムツ替えや着替えなど、積極的にしてくれていますよ。
これから二人の成長がますます楽しみになってきました。

NikonD800E、Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

陣痛の苦痛に耐えるママの足腰を一生懸命にさするNao 分娩室に運ばれていったママの残された温もりを感じ取る娘  産まれてきた弟に”はじめまして”とささやきながら手を差し伸べていました。 

本日午前4時15分、体重2900グラム、身長49センチの元気な男の子が無事産まれました。陣痛が激しくなり入院したのが午前2時半。産まれるまで2時間足らずの普通分娩で短時間にかつスムーズにお産を終えることができ、ほっとしています。

4歳になる娘ですが、彼女が”お姉ちゃん”になる日がやっと来たのです。彼女の一部始終を父親としての目線を交えながら追い続けました。

NikonD800E、Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2
 

大寒波到来 奥伊吹の冬 いてつく三島池と伊吹山

2013年もあとわずかとなりました。
皆様にとってどんな年でしたか?

本年中は大変お世話になり有難うございました。
来年もぜひ宜しくお願いいたします。

2014年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。。。
なお、私事ながら喪中の身分となりますので新年のご挨拶は控えさせていただきます。

NikonD800E、
1、3枚目:AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED
2枚目:Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

錦のそらへ 晩秋の光絵  朝もや沸き立つ荒神山琵琶湖の水中を舞う落ち葉 Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2で Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2で
F3HPに良く似合う。

少し前まで紅葉真っ盛りだった琵琶湖地方も北風が吹きつける厳しい冬の訪れを感じさせるようになりました。今日なんか彦根で霙が降っていましたよ。
季節の移り変わりって本当に早いものですね。
年の瀬になるとなにかとせわしなくなるため余計にそう感じるのかもしれませんね。

今日のフォトは一見文面とは何ら関係なさそうですが、実はフォトから感じ取れる温度感で季節の移り変わりを表現しています。私が意図するところを感じ取っていただければ嬉しいです。。。

NikonD800E

1~4枚目:AF-S VR NIKKOR 24-120mm F4G ED
5、6枚目:Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2
7枚目:Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

胡宮神社で。”もみじ比べ” 夕刻、仕事帰りに。超広角で手首をひねって撮りました胡宮神社で。アオザイに身を包んだベトナム女性たち

昨日は気温がぐーんと下がり、いよいよ冬到来といった感じの琵琶湖地方。
今年最後の紅葉狩りを家族3人で楽しんできました。

多賀町にある胡宮神社で真っ赤なもみじが晩秋の光に照らされた情景は、まるでもみじたちが最期の輝きを放っているように感じました。

1枚目は午前中に家族で訪れた際に、娘が紅葉に手のひらをかざしている姿です。
2、3枚目は夕方仕事帰りに私一人で立ち寄った胡宮神社で。アオザイという美しい民族衣装に身を包んだベトナム人女性たちが和の四季の美しさに酔いしれていました。

NikonD800E

熱帯性スイレンのつぼみ。笑っているようでした。 水面に映り込んだスイレンのシルエット。ソフト効果が生きました。 おまけ。突然目の前に現れたイタチくん。大きなカエルを口にしていました。

寒くなってきましたね。

先日冷えこんだ日に仕事帰りに立ち寄った「水生植物公園みずの森」で。温室内の熱帯性スイレンを撮ろうとレンズキャップを外した瞬間、外気温との気温差で真っ白に曇りました。何度ふき取ってもすぐに真っ白。

最後は曇ったまま、ソフトフィルターのような効果を楽しみながらの撮影となりました(笑)

NikonD7100、Tamron SP AF70-200mm F2.8Di Macro

琵琶湖湖岸の紅葉、グラデーションが綺麗でした 弥生の森歴史公園の紅葉胡宮神社の紅葉、若いお二人に一声かけ撮らせていただきました胡宮神社の紅葉、夜仕事帰りに。枯れたハスとのコラボ胡宮神社の紅葉、露光間ズームで紅の光りを背に舞う幹をイメージ

いよいよ紅葉シーズン到来ですね。こちら琵琶湖地方でもいたるところで美しく色づいた紅葉を楽しむことが出来ています。今日は仕事帰りに出会った心に残る紅葉シーンをお届けします。

すべてNikonD800Eにて撮影。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Naoパパ
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
写真、オートバイ、格闘技
自己紹介:
自営業の傍ら、気のみ気の向くまま趣味である写真を愉しんでいます。びわ湖周辺をウロチョロしています。チョロぽんのHNで価格ドットCOMにも顔をだしてます(笑)
最新CM
[09/22 ドルチェ&ガッバーナコピー]
[09/18 ブランド コピー]
[09/18 シャネル偽物]
[08/15 オメガコピー]
[08/10 グッチ財布コピー]
最新TB
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]