忍者ブログ
写真バカなNaoパパが気のみ気のままに綴るブログ 
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近所の川で。レンズ濡れました。 カワセミ発見! カワセミ、ダイブ! 近づこうとしたら、逃げちゃいました。
今日は午前中は仕事で走り回っていましたが午後から落ち着いたので一人で散歩に行きました。
本当はNaoやママを連れて3人で散歩に行く予定でしたが、ちょっと寒かったので一人で出かけました。妙にカワセミと出会える予感がしたので、一人でも出かけることに(笑)。

予感は的中しました。近所の川に差し掛かったときにカワセミを発見。
当然カメラ持参だったのでその姿を写真におさめることが出来ましたが、APS-CサイズのD300sに300mmレンズ(35mm判の450mm相当の画角に相当)を付けていてもちょっと足りず(泣)。カワセミのような小さな鳥を撮るにはやっぱり500mmクラスのレンズが必要ですね。

1枚目:NikonD300s、AF-S DX Zoom Nikkor ED17-55mm F2.8G、Iso200
2~4枚目:NikonD300s、AF-S VR Zoom Nikkor ED70-300mm F4.5-5.6G、Iso1250  
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カワセミ
カワセミとの出会いを予感!
すごいですね~
でもそういうのって案外的中することもありますよね。願いが通ずるというか・・・
逆に言うとそういう思いが無いとなかなか出会えないのかも知れません。
カワセミは一度目撃した場所にはまた出没するでしょうから
根気よく狙えば良いシーンが撮れるかも知れませんね。
しかしダイブの瞬間をうまく捉えられましたね。
やはり動体視力の賜物でしょうか?
500mmレンズは大きいので振り回しにくい面もありますね。
私はVR70-300mmにケンコーテレプラス×2をつけることがあるのですが、AFは遅くなります。大きく撮れるんですけどね。それとVRが効いているかどうかは不明です。(笑)
まあ、鳥撮りは本当に難しいです。私は木にとまったカワセミを撮るのが精一杯です。
ヒロ URL 2010/01/13(Wed)15:56:41 編集
前から気になっていました。
ヒロさん、こんにちは!
このカワセミは3人で散歩しているときにこの場所で以前みたものです。仰るとおりカワセミは同じ場所に現れる習性があるようですね。

しかしたまにしか見かけなかったので、今日はどうかと思っていましたが運よく予感が的中しました(笑)
やはり300mmではたりないですね~、やはり500mmクラス、欲しいです。

カワセミは日陰に居たためIso感度を上げましたので少しザラつき感がでてしまいました。
ケンコーテレプラス×2、私も持っていますが、VR70-300mmに使用したことはありません、今度試してみます!
Naoパパ 2010/01/13(Wed)16:38:12 編集
カワセミ
自分は、カワセミはあまり撮らないのですが・・・
(腕の問題もありますが、撮影に適した場所を知らないので)


確かに、カワセミは小さいので、長いレンズの方が有利ですね。 

もっとも、いくら長いレンズを使ったとしても、もともとの距離が遠いと、解像感は落ちますし、
飛び出しなど、動体撮影には不向きです(ファインダーに導入する事が難しい為)

また、無理にトリミングをすると、今度は、絵が破綻してしまいます。 

自分は、鳥類図鑑風の写真が多いのですが(「その鳥の特徴が判らないと、意味がない」という事に、重きを置きます)

2000 * 1500よりも、小さなトリミングはしません(これで、絵にならなければ、ボツにします)

さて・・・ カワセミは、生息する場所によって、警戒性にバラツキがあります。 

(都市部の)公園の池に、住み着いている個体は、人目に触れる事が多いせいか、警戒心が薄いように思います。 

逆に、大きな河川などの場合は、青い物体が飛んだのを見て、「あっ、カワセミ!」と気づく位、警戒心が強いです(こっちが気づく前に、飛んでいってしまう)

それこそ、よく言われるように、餌獲りの為に、とまる場所を探し当てて、ブラインドに篭って、丸一日潰す位でもしないと、撮れないですね(「よくとまる場所」といっても、必ず、そこに来るとは、限らないので、博打の要素が大きいです)

前者のように、近くで撮れる場所では、明るいレンズ(サンニッパ)で、飛び込みや飛び出しを狙う、スタイルの人もいます。
(広い画角で、ファインダーに捉え、シャッタースピードを稼いで、動体を捉えます)

撮影フィールドに応じて、レンズを用意するか、
手持ちのレンズで、撮影出来る場所を探し当てるか、ニワトリと卵のような物で、難しいです。
R.Ptarmigan 2010/01/13(Wed)22:22:05 編集
さすが、野鳥にお詳しい!
R.Ptarmiganさん、こんばんは!
適切なアドバイス、ありがとうございます!

野鳥撮りに精通されている方からのご意見、とて参考になります。

カワセミの習性も、都会や田舎によってそれぞれ異なるのですね。なるほど、警戒心の違いですね。

今回撮影したカワセミは、家の近所の小川で、時々裏庭にまで顔を出してくれる個体だと思います(多分、同じ個体だと思います)ので、人馴れしているのかもしれませんね。
カワセミの捕食シーンなどは、風景撮影主体の私にとってはとても無理です(苦笑)。
たまたま野鳥を発見した時に撮る程度ではなかなか上達もしないのが現状です(笑)。

鳥の習性に合わせたレンズ選択のお話も奥が深いですね。

アドバイス、ありがとうございました!!
Naoパパ 2010/01/13(Wed)22:39:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Naoパパ
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
写真、オートバイ、格闘技
自己紹介:
自営業の傍ら、気のみ気の向くまま趣味である写真を愉しんでいます。びわ湖周辺をウロチョロしています。チョロぽんのHNで価格ドットCOMにも顔をだしてます(笑)
最新CM
[09/28 シャネルコピー]
[09/22 ドルチェ&ガッバーナコピー]
[09/18 ブランド コピー]
[09/18 シャネル偽物]
[08/15 オメガコピー]
最新TB
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]