忍者ブログ
写真バカなNaoパパが気のみ気のままに綴るブログ 
[712]  [711]  [710]  [709]  [708]  [707]  [706]  [705]  [704]  [703]  [702
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日没と正反対の空で 反薄明光線(裏後光)、セピア仕上げ 反薄明光線(裏後光、別ショット)
昨日の夕方に日没間際に東の空に見た不思議な光の正体がわかりました。
GANREFにもアップしてみたところ、人工光じゃないの?などの
意見があった中で、ある方から「反薄明光線(裏後光)」ではないか、との情報を頂きました。

さっそくWikipediaで調べてみたところ、
「反薄明光線(はんはくめいこうせん、anticrepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、太陽と正反対の方向に光線の柱(光芒)が放射状に収束して見える現象。太陽の周囲にできる薄明光線とは逆。裏後光(うらごこう)、裏御光(うらごこう)とも呼ぶ。

~中略~ 

太陽光線をさえぎるくらいの厚みがあって、かつ切れ間のある雲の発生が必要である。さらに、雲を構成する水滴(雲粒)よりも小さく、目に見えない水滴が多数浮遊した状態が、長い光の経路全体に分布していなければならない。
このように、条件が限られているため、反薄明光線を見つけるのは難しいとされるが熱帯の島、高い山、飛行中の航空機即ち見放しの良い条件下では比較的に観測され易い現象である。」(Wikipediaより引用)とありました。

まだまだ目にしたことがない自然現象というものがあるんですね。。。
超多忙を極めた昨日、自然からの労いの贈り物だったような気がしました。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
摩訶不思議
本当に不思議な現象ですね。
どう見ても奥からの光に見えますもんね。
手前から奥に収束する光は初めて見ました。
屈折などのいろんな要因があるんでしょうが
私の貧困な頭では解明不可能です。
だからこそ珍しい自然現象なんですよね。
ヒロ 2011/07/12(Tue)22:06:23 編集
自然の不思議
ヒロさん、おはようございます!
いつもありがとうございます。

「反薄明光線」という言葉はもちろん、
このような光を目にしたのは初めてでした。
「裏後光」とも言うそうですが、確かに
はるか彼方、湖東の山々から後光が射しているようにも見えました。
Wikipediaで説明されている内容、私にはさっぱり理解できません(笑)
まさしく自然の不思議を目にした気持ちになりました。
Naoパパ 2011/07/13(Wed)05:06:26 編集
流石、撮ってましたね
東の空に夕焼け?反薄明光線だそうですね
この日めったに驚かない家内が夕焼けが綺麗と叫んでいたので、西の玄関にカメラを。まさか東とは思わずこの時すでに遅し、東は田んぼと山ばかりで今も悔しく思っています無念・・・
チロぽんさんよく撮られましたねそれも違った角度から流石と思います座布団3枚です
タカタカ URL 2011/07/14(Thu)16:56:54 編集
綺麗でした!
タカタカさん、こんにちは!
いつもありがとうございます。

国道を走っていて突如目に入ってきた光景でした。
初めは東の空になにか大きな光源があるのかなんて思いましたよ。
運転中にもかかわらず咄嗟にカメラを向けちゃいました(笑)
座布団またまた3枚も!10枚まであと3枚ですね(笑)
Naoパパ 2011/07/14(Thu)17:02:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
Naoパパ
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
写真、オートバイ、格闘技
自己紹介:
自営業の傍ら、気のみ気の向くまま趣味である写真を愉しんでいます。びわ湖周辺をウロチョロしています。チョロぽんのHNで価格ドットCOMにも顔をだしてます(笑)
最新CM
[09/28 シャネルコピー]
[09/22 ドルチェ&ガッバーナコピー]
[09/18 ブランド コピー]
[09/18 シャネル偽物]
[08/15 オメガコピー]
最新TB
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]