忍者ブログ
写真バカなNaoパパが気のみ気のままに綴るブログ 
[913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907]  [906]  [905]  [904]  [903
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デジタルカメラマガジン12月号 冊子に掲載されたフォト。 入選作品「無事カエル。」

明日発売のデジタルカメラマガジン12月号で、フォトコンテストにおいてプリント部門で
「無事カエル。」が入選いたしました。

自宅裏で偶然であった光景、アマガエルさんが遊びに出かけ、無事に戻ってくる姿をイメージした作品です。
シンプルな一枚ですがかなりお気に入りの一枚です(笑)

プリント部門は他のカテゴリー(デジタルフォト部門や組写真部門)のようにデータ応募だけではなく、予選通過した作品をプリントして提出し評価を頂くというコンテストです。プリント技術も評価の対象になるわけです。
私はA3サイズの光沢用紙を使用し、EPSON PX-G5300で自家プリントしたものを提出しました。 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
雑誌での入選が定常化した感ありますね、進化されているようで何よりです。
入選された写真に対する選評はどなたか知りませんが、そのアドバイスに少し違和感を感じました。

というのも、作者の写真の向う(内在するものの表し方)が見えていないと思ったからです。私もお写真からホントのチョロぽんさんの撮影の意図するところがわかりかねるのですが(失礼)選評された方のレタッチ方法は、間違いだと思います。
露出をオーバーにしてそれから247以下に落とす・・・とありますがそれは色が濁る原因でもありますし、白を飛ばすことで生きた写真が台無しになるのでは、と感じます。
惑わすような余計なことを言ってすみません、まあいろいろな選者がいることも事実ですけどね。
ご自分の力と表現を信じて進まれるが良いと思います。ただ、なんでもありの世界ですがその辺の見極めと説得力のある写真を撮られることが肝要かと。  出すぎたこととも思いましたが、失礼しました。
このたびもおめでとうございました。
Deep sky 2012/11/19(Mon)22:45:29 編集
ありがとうございます!
Deep skyさん、おはおうございます!
いつもありがとうございます。

プロの方からの視点でごらん頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
おっしゃっていただいたように私が表現しようとした意図と選者の方がアドバイスしてくださった内容とは少し違和感があるように感じておりました。白い部分にホワイトコントロールポイントを置いた後、少し明るさを下げたのですが、私はこの白がとても気にいっているんです。
咲くがとしてのレタッチとして考えたとき、私のやり方はまだまだ未熟なところがあるかと思いますが感覚的にマッチした仕上げを目指すようにしています。Deep sky さんからいただいたお言葉は私にとって非常に勇気付けられるものです、感謝いたしております。
Naoパパ 2012/11/20(Tue)04:57:14 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
Naoパパ
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
写真、オートバイ、格闘技
自己紹介:
自営業の傍ら、気のみ気の向くまま趣味である写真を愉しんでいます。びわ湖周辺をウロチョロしています。チョロぽんのHNで価格ドットCOMにも顔をだしてます(笑)
最新CM
[06/26 カルティエ 結婚指輪 売る]
[06/26 rolex n級品]
[06/02 tank must cartier replica]
[06/02 faux bagues van cleef & arpels prix]
[05/24 カルティエ 6連リング]
最新TB
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]