忍者ブログ
写真バカなNaoパパが気のみ気のままに綴るブログ 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

明日発売のデジタルカメラマガジン3月号、「冬の絶景写真フォトコンテスト」で私の一枚が優秀賞に選ばれました。
タイトルは「鳶成木のコハクチョウ」。

湖北の湖上木に無数の鳶が羽休めしている上空をコハクチョウが通過する瞬間です。朝もやが立ち込め、とても幻想的でした。

そのシーンをフォトレタッチソフトを使って日本画的に仕上げました。

NikonD7200、Tamron SP AF70-200mm F2.8Di Macro

審査員は写真家、萩原俊哉氏です。

講評
「無数のトビたちが休む、印象的な木々の上を飛行するコハクチョウの姿だけでも十分にインパクトのある作品なのですが、沸き立つ朝もやによりいっそう幻想的になっています。なんと言っても早朝この湖畔に立ち、ベストタイミングでシャッターを切った作者の視点と観察力が際立つ作品です。日本画を意識したというPhotoshop Lightroom 5による調整も美しく仕上がっており、撮影とレタッチ技術どちらの技量も高いことで完成した、冬の絶景です。」

PR
   

琵琶湖湖北に飛来しているコハクチョウ。
今年は何度も撮りに行きました。

全く飛ばない日もあれば、一時間に数回飛ぶ日もありました。
でも飛んだ時の優雅な姿は何度見ても素晴らしいですね。その姿を見るために何時間も滞在することもありました。

一枚目:湖上木とコハクチョウ。NikonD7200、Tamron SP AF70-200mm F2.8Di Macro

二枚目:珍客、サカツラガンの姿も見られました。NikonD810、Tamron SP AF150-600mm F5-6.3 VC

三枚目:ビオトープ水上を飛び立つコハクチョウ。NikonD810、Tamron SP AF150-600mm F5-6.3 VC

 

一昨日から昨日にかけて、こちら琵琶湖でも大寒波が押し寄せました。
路面凍結、水道管凍結など、生活面においては大変でしたが、寒い日ならではの自然美もたくさん見られました。

ここでは、北風にあおられ湖岸に立ち並ぶ木々に美しい氷柱(しぶき氷)ができた姿をご紹介いたします。

ものすごい冷たい風の中、年に一度見られるか見られないかの貴重な光景を映しとめてきました。手先の感覚は完全にマヒした中での撮影決行でした(笑)

一枚目:NikonD7200、Tamron SP AF70-200mm F2.8Di Macro
二枚目:NikonD810、AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

遅くなってしまいましたが、皆さま、新年明けましておめでとうございます!
旧年中は大変お世話になり有難うございました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨日発表された、第12回タムロンマクロレンズフォトコンテストで私の拙い作品「月のしずく」がネイチャーの部で「金賞」に選ばれました。
これで、第10回の「入選」、第11回の「銅賞」に続く、3年連続の入賞となりました。

マクロ好きな自分にとって最も力を入れたコンテストであり、このように認められたことがとても嬉しいことですし、今後への励みとなります。
これからも”足元の素敵”を追い続けていきたいと思っています。

選者、写真家 石井 孝親氏の講評

「私も朝日や夕日を玉ボケとして背景に生かして、被写体をシルットにして写すことが多いのですが、この作品はスイレンに止まり休むイトトンボの姿を太陽(?)の玉ボケを生かし情緒豊かに捉えていると思います。また、撮影技術的にも優れていて、シンプルな構図に切り詰めた露出と、特に水面の波紋があることで、今コンテストの他のイトトンボを被写体にした作品よりも群を抜いて輝いており、絵心ある作風に私は惹かれました。」

第12回タムロンマクロレンズフォトコンテスト結果ページはこちら

 

2015年も残すところあとわずかになりました。
今年は皆さまにとってどんな年だったでしょうか。

今年は色々と忙しく、ブログ更新の頻度もグーンと減ってしまいました。来年はなんとか以前のように日々の出来事をつづっていければ、と思っています。

今年も大変お世話になり有難うございました。
来年もぜひとも宜しくお願いいたします。

今年の〆は琵琶湖湖北に飛来したコハクチョウのフォトで。

では皆さま、よいお年をお迎えください。

NikonD810、Tamron SP AF70-200mm F2.8Di Macro

 

 

こんにちは~!
今年もいよいよ師走に差し掛かり、何かと慌しくなってまいりましたね。

さて、今日は今年の紅葉について感じたことを書いてみました。
今年は11月に差し掛かっても暖かい日が続き、紅葉が美しく色づくのに必要な寒暖の差が少なかったためか、色付きは悪いし傷みが激しいものが目立っていたように思います。

そこで今年は自分なりの紅葉表現を試みました。もみじの葉そのものをクローズアップするのではなく、”紅葉シーズンの雰囲気”を前面に打ち出す表現に切り替えました。
いつになく工夫を強いられる紅葉シーズンとなりました。

来年こそ、美しい紅葉に出会いたいものですね。。。ではまた!

写真展会場の様子 最終日には家族が着てくれました  Naoの作品「妖精、みーつけた!」
デジタルカメラマガジン12月号紅葉フォトコンテスト優秀賞作品「このみやの神」 

11月18日より開催させていただいた「個性派3人による写真展」が昨日、無事に会期を終えることができました。
当初予想していた来場者数を大きく上回る、350名近くの来場者がありました。

開催初日にはいつもコメントくださっているヒロさんが雨の日にもかかわらず遠くよりお越しくださいました、ヒロさん、このたびは本当に有難う御座いました!!

今回がはじめての開催ということもあり、なにかと不安を抱えていましたが、無事成功に終えることができ、次回への意欲が湧いてまいりました!次回もぜひ、宜しくお願いいたします。

余談ですが、デジタルカメラマガジン12月号フォトコンテスト、2014年の紅葉フォトコンテストで私の拙い作品「このみゃの神」が優秀賞に選ばれました。

また、まだ発表前ですが、第12回タムロンマクロレンズフォトコンテストで「金賞」確定の連絡が事務局よりありました。3年連続の入賞となります。。。


皆様、お久しぶりです!
お元気に過ごされていましたでしょうか?私のほうは相変わらず仕事の傍ら、子育てやフォトライフを満喫しております(笑)

さて、今回、親しい写真仲間3人による写真展を開催することとなりました。
3人それぞれ個性派揃い、固定観念にとらわれない自由な発想で表現した作品を集めました。
「なんや、これは?」みたいなご意見も出るかと思いますが、見ごたえがあるものと思っています。

お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね!

《写真展詳細》

日時:2015年11月18日(水)~22日(日)

     初日18日(水):13:00~17:00
     19日(木)~21日(土):9:30~17:00
   最終日22日(日):9:30~16:00

会場:滋賀県大津市生涯学習センター 1階 ギャラリー

   滋賀県大津市本丸町6番50号  電話:077-527-0025

※出展者:ゆか坊さん、Hiro 3さん、Naoパパ
※ゲスト:魚々屋さん、甚四郎さん、まっちゃんMさん、Nao

※出展者、ゲストの名前は私と娘以外は、とある写真サイトのハンドルネームを記載しています。

米原市天野川の蛍、比較明合成 米原市天野川の蛍、比較明合成 
 
  蒲生郡日野町山奥の水路にて、比較明合成

夕方、散歩中にたんぽぽの綿毛を吹くNao  体調を崩し、しんどそうに窓越しに見るhayato

皆様、ご無沙汰しております!久しぶりの更新となりますね、1月以来5ヶ月ぶりかな。。。ご心配おかけして申し訳ございませんでした!

さて、今年も気づけば(笑)蛍の季節がやってきましたね~
2年前に初めてホタルの撮影を体験して以来、蛍撮影の面白さにすっかりハマってしまいました。

見れるかどうか確証のない中で現地へ赴き真っ暗闇の中を手探りで光を探す緊張感、これはまさしくネイチャーフォトの醍醐味ですね。

というわけで、今年はいつもの米原市長岡を流れる天野川の蛍と、仕事帰りに偶然発見した日野長の山奥の水路でのホタルを撮りました。

ここにアップしたフォトはそのごく一部ですが、幻想的な魂の輝きをお楽しみくださいね。

あと、二人の子供たちも元気に育ってくれていますよ。
これからも気が向いたら更新していきますね(笑)

1枚目:滋賀県米原市長岡、天野川。NikonD7200、AF-S Zoom Nikkor ED17-55mm F2.8G
2枚目:滋賀県米原市長岡、天野川。NikonD810、Tamron SP AF90mm F2.8Di Macro VC USD
3枚目、4枚目:滋賀県蒲生郡日野町。NikonD810、AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED

 

我が家の長男、本日無事に1歳を迎えることができました。
甘えたで泣き虫な男の子ですが、すくすくと育ってくれています。

今ではたっちができるようになり、初めての一歩踏み出す日がとても楽しみです(笑)

ポーズ、決まってました(笑) 穏やかな光の中で  

春と向き合うNao   梅香の路(みち)を歩むNao(合成です)

昨日、Naoとともに長浜盆梅展に行ってきました。
4月に新しい保育園にいくことが決まり、それまでお休みになったNao。
今のうちに写真を教え込もうと、ママのカメラ(NikonD3300)を持たせて(笑)

ここには初めて訪れるNao、外はまだ氷雨降る冷たい季節。館内に満たされた春の雰囲気に心躍っている様子でした。
持ってきた一眼レフで思い思いにシャッターを切る姿が印象に残っています。


皆様、遅ればせながら新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨年12月にご報告させていただきました、第11回タムロンマクロレンズフォトコンテストで私の作品がノンジャンルの部で銅賞を受賞した件で、本日タムロンホームページで正式に発表がありましたので改めて受賞作品とともに報告させていただきます。

作品名「イヒヒ!宝石」。
一昨年前の夏、プール遊びをしていた娘を撮ろうとカメラを構えた瞬間、いきなり水をかけられました。レンズフィルターにたくさんの水滴がつきました。そっとフィルターをはずし、その水滴越しに彼女を捉えた一枚です。「してやったり!イヒヒ!」みたいに笑う娘の表情を捉えることができました(笑)

昨年のネイチャー部門、「鎖帷子」の「入選」につづき、2年連続の入賞を果たすことができました。

応募総数4806作品、入賞数29

審査員:川合 麻紀氏

2014年も残すところあと1日となりましたね。
皆様にとって2014年はどんな年でしたか?

私にとっての2014年は新たな家族が増えたこと、仕事の充実や趣味の写真に没頭できたこと、そしていつも以上に実績を残すことができ、とても充実した1年となりました。

この一年、ブログではフォトコンテストの受賞報告ばかりとなってしまったこと、大いに反省いたしております。来年は本来の、日常の出来事を綴った日記的なブログに戻してみたいと思っています(多忙なためできるかどうか不安ですが、笑)

では皆様、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
2015年が皆様にとって素晴らしい年となりますことを願っています。

Naoパパ

 

今月は自分で言うのもなんですが、全国レベルのフォトコンテストでの受賞ラッシュとなりました。

デジタルカメラマガジン(通称DCM誌)、12月号フォトコンテストプリント部門で「頑張りの記憶」が入選。
またアサヒカメラ写真の殿堂、10月選考において「朝ルージュ」が2位入賞いたしました。

先日ご報告した、第11回タムロンマクロレンズフォトコンテスト銅賞内定、キタムラフォトコンテスト腕自慢(人部門)入選につづく入賞となりました。

入選作品「eyelash」

またまたフォトコン結果報告で恐縮です(苦笑)
本日、カメラのキタムラ主催の「キタムラフォトコンテスト2014春夏」で私の作品、「eyelash」が腕自慢コース、人部門で「入選」したという通知が届きました。

入賞した場合、毎回10日過ぎに通知がくるのですが今年はその時期になんの連絡もなかったのでてっきり駄目なのもとあきらめていた矢先の通知でした。
昨日のタムロンマクロ入賞内定のときと同様、子供のように飛び跳ねて喜びましたよ~(笑)

審査員は織作峰子氏です。

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Naoパパ
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
写真、オートバイ、格闘技
自己紹介:
自営業の傍ら、気のみ気の向くまま趣味である写真を愉しんでいます。びわ湖周辺をウロチョロしています。チョロぽんのHNで価格ドットCOMにも顔をだしてます(笑)
最新CM
[06/02 tank must cartier replica]
[06/02 faux bagues van cleef & arpels prix]
[05/24 カルティエ 6連リング]
[05/24 s品 n品]
[05/24 ブランド激安市場 bbs]
最新TB
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]